JAS法に準拠した柑橘病害虫管理表 (レモン&ネーブル)
時期 対象病害虫 必ず行う管理 発生に応じた管理 防除の要否及び管理
薬剤防除 耕種的防除
★年間を通じて ゴマダカミキリムシ 捕殺
カイガラムシ類
★冬季(剪定時) ソウカ病 羅病葉の剪除 伝染減として重要なので徹底して剪除
黒点病 枯れ枝の剪除
果実腐敗 Ca剤土壌施用 Ca剤施用で果実体質を強化する
★12月または3月 ハダニ 95%マシン油乳剤 多発時のみ散布する。樹勢低下樹には散布しない
カイガラムシ類
★3月上旬(発芽前) ソウカ病 ICボルドー66D 羅病葉の剪除 銅水和剤 ソウカ病の羅病葉がある場合は必ず散布
カイヨウ病 カイヨウ病羅病性品種では必ず行う
★4月下旬〜5月下旬
     2回散布
ホコリダニ イオウフロアブル 水和硫黄剤 レモンは必ず散布する(ネーブルは散布しない)
★5月下旬(落花直後)  ソウカ病 ICボルドー66D 羅病葉の剪除 銅水和剤 3病害の重要防除時期、必ず散布する
黒点病 枯れ枝の剪除
カイヨウ病 羅病葉の剪除
灰色カビ病 花弁を落とす 発生源になる花弁を落とす
★6月初旬 黒点病
カイヨウ病
ICボルドー66D 病葉の剪除 銅水和剤 かけむらの無いように散布する
★6月下旬〜7月
初旬
ミカンサビダニ イオウフロアブル 水和硫黄剤 かけむらの無いように散布する
★7月初旬 ハダニ 95%マシン油乳剤 発生次第で実施
★9月下旬 サビダニ イオウフロアブル 水和硫黄剤 かけむらの無いように散布する
★出荷時 果実腐敗 園内の発病果実の除去

★当農園では貯蔵の中で、オゾンガスで殺菌しています。
★出荷時には、箱にオゾンガスを注入して殺菌して腐敗防止をしています。(ネット販売)