しまなみレモンを使ったレシピ

レモンジャム、レモンケーキなど美味しいものがいっぱい載ってます

皆様がご存知の色々なレシピを教えてやってください
宜しくお願いいたします。

「生ベルガモットを楽しもう」1日目終了しました。

皆さまお仕事や用事の後だったので、慌てて来て頂くことに。

夜のクラスはもう少し遅めがいいかもしれません。

実験のようなクラスだったので、あれこれ

忙しくしましたが、精油の抽出が機械化されるまでは

どれだけ手間ひまかけられていたか体験して頂けたかとは思います。

バタバタしたので楽しんで下さっている様子を写真撮れず。

またこれに懲りずに皆様どうぞ遊びに来て下さいね。

帰られた後も、教室中ベルガモットの香りが充満、

リラックスしたからか眠くなってきました。

10/2(日)もまだ空きがございますので、

ご興味ある方は遠慮なくご連絡ください

特別クラスも終了し、皮をはがれたベルガモット

がたくさん残ったので、思い切ってクリーム作り。

果汁は苦くて食べないと聞いていますが、

イタリア人は料理やお菓子に使うということなので、

レモンカードというイギリスではどこにでもある

ジャムみたいなものをベルガモットで挑戦。

種の多い柑橘で、搾るのには骨が折れました。

でも広島産だからか?ぜんぜん苦くなく美味しい!

ベルガモットメレンゲパイにでも使ってみましょう。

ちなみに、カードとはcurdと書きますが、

「乳汁が酵素や酸の作用で凝固したもの」だそうです。

バター・砂糖・卵・果汁で作ります♪



 
 ブログと一緒ですが参考までにレシピ…

中くらいの大きさの「しまなみレモンの超低農薬みかん」2個をササっと洗い 水気を拭き取る
皮を剥いて小房に分け ミキサーに入れる。剥いた皮の1コ分をヘタを除いて 適当に千切ってミキサーに
ミキサーで蜜柑ジュースを作る。味を見てほんのり苦みがある程度でOK。苦みが足りなければ 残った皮を少しづつ足す。
 この果汁を漉せば仕上がりが綺麗になるが あえて皮まで食すため そのまんま湯煎にかける
ほんのり暖まってきた段階で 耳掻き1/4程度の白胡椒と 耳掻き3/4 程度のカレーパウダーを混ぜ込む
 湯煎で適当に水分が抜けて 適当にポッテリした感じになったら「低農薬蜜柑ソース」の完成。
果汁だけでなく本来の芳香成分と若干の苦みがある皮が 安心して使えるのが強みです!
 地鶏のグリル・ポークソテーなんかの方が よりマッチすると思いますが…
今回は「サゴシのムニエル:しまなみの低農薬蜜柑ソース、適当な焼き野菜添え
            超減農薬レモンでコレ!っての考え中です(笑)
                  十本足のタコ親爺様より
タジン鍋です。


nomura様より
先日おはなししました。シトロンコンフィができあがりましたので
、念願のタジン鍋をつくりました。

この鍋がタジンです。

できあがりはこちらです。
シトロンコンフィ(レモンの塩漬け)で、とってもさわやかな味です。
子どもたちもパクパクでした。(*^_^*)

ちなみにレシピはこちらのものを参考にしました。
http://www.fleur-de-coeur.com/paris/report/cooking/cooking12.html

http://homepage2.nifty.com/cheekynuts/cook/tajin2.htm

タジン鍋はイケアで購入しました。
http://www.ikea.com/ms/ja_JP/rooms_ideas/pots_and_pans/index.html

nomura様より
大根の浅漬けです

ゆず果汁を使うレシピなのですが、やっぱりレモンで作ってみました!
こちらはまだ漬け込み中です(浅漬けなのに、、、)

大根の薄切り(1/2本分)を塩漬けにして、よく水切りします
その後、レモン果汁+酢合わせて75cc、
お砂糖大さじ1、塩小さじ1、水1/3カップに、大根の薄切り
、昆布の細く切ったもの、レモンの皮の細切りを
ナイロン袋に入れ、
冷蔵庫で30分ほど置きます
唐辛子を入れても美味しいです

神戸市  H様
今日、ようやくレモンのオランジェット(とでもしておきます)が
出来上がりました
これは、オレンジの皮で本来作るもののようです
だけど、ここはしまなみレモン!
皮まで全部頂かなくっちゃ申し訳ありません!
まだたくさんあるので、どんどん作りますよ〜!

作り方は
http://blog.cafeglobe.com/archives/basque/2006/01/post_57.html
http://blog.cafeglobe.com/archives/basque/2006/01/post_66.html
こちらを参照しています
毎日少しづつ美味しくしていきます
手間はとてもかかっています
その分、レモンの風味も生かされているし、皮まで丸ごと頂けます


これは余談ですが、
しまなみれもんでやっぱり柑橘類を購入した方のブログで、
同じようなお菓子を作っているものを発見しましたよ

神戸市  H様
プレゼントで頂いたレモンでやっぱりそのまま味わいたいってことで、
ホットレモンにしました

レシピは以下の通りです
ホットレモン
しまなみれもん果汁・・・・・30cc〜50cc
お砂糖・・・・・小さじ1
はちみつ・・・・・小さじ1/2〜1
お湯・・・・・100cc〜150cc

レモンを絞った時の香りのよさが、たまりませんでした!
今後も何を作ろうかわくわくしています

写真も添付しますね
娘も「おいしいー!また作ってー!」と言ってます
神戸市  H様

先日いただいたグリーンレモン。

まずはクッキーから・・・と、わが家はここ連日クッキーの山(^^;)

レモンサブレができました。

材料は 

バター  100g

砂糖    50g

薄力粉  150g

レモン    1個  だけです。

 

バターをすり混ぜ、砂糖を加えよく混ぜる。

レモンの皮をすりおろして加え、レモン汁大匙2杯も加える。

薄力粉を加えてさっくり混ぜ、棒状にまとめて冷蔵庫で冷やしかためる。

スライスして180℃のオーブンで12分焼く。 

酸味のきいた後引くクッキーです。

個性的なクッキーですが結構好評です。 

クッキーが出来上がったので、次の挑戦はバターケーキ!

でも、ベビーが泣いてばかりなので程々にします・・。
S、Y様より

昨夜焼いたシフォン。
完全季節限定です。
なぜって、それは・・・


雪国のお姫様より
今の時期にしか手に入らない、緑色のレモンの皮を使っているからです!!

レモンの皮1個分を丸々入れました。
なのでもっと緑色になるかと思いましたが、
そうでもありませんでしたね。
ちょっぴりだけ、見えるかな、小さな緑色のドットが。

この写真の上になっている焼き目の部分は、
甘酸っぱいレモンシフォンならではの味!
この味を楽しみたいから、焼かずに入られない(笑)
テニスの合間に食べたこの一切れのさわやかさが、
まだ口の中に漂っています(ニコニコ)
マドレーヌ作り方(マドレーヌ型12こ)
材料 卵 150g
    砂糖  120g
    薄力粉  120g
    バター  90〜120g
    レモンの絞り汁と皮のすりおろし2分の1個分
    焼き時間と温度 160度で10分
               170度で5分
準備  
型に敷き紙を敷く
レモンは皮を良く洗いすりおろし汁を絞る粉をふるうオーブンはころあいを見て予熱する。
作り方 
1、バターをゆせんにかけて、熱くしておきます。

2、ボールに卵を割りほぐし、砂糖をくわえてまぜ、ゆせんにかけて泡立てます。たねが人 肌くらいになったら、湯煎からはずし泡立て続けます。 
泡だて器でたねをすくったら
2重丸がかけるほどに泡立てます。

3、レモン汁・皮のすりおろしを加え
粉を入れて底からすくいあげるようにまぜ、
なめらかになったら熱いとかしばたーを加え、手早くさっくりと混ぜます。

4、型に流しオーブンで焼きます。
160度で10分、その後170度で5分焼きますが、
各家庭のオーブン
で違いもありますので、焼き色を見ながら調節してください。
R、N様より

クラッシックレモンチェロ
Chef Luigi Certosella of Da Luigi - Capri, Italy

  • 1リットル ピュアアルコール(ウオッカ,ジンなど)
  • 1リットル ミネラルウォーター
  • 2カップ  砂糖
  • 10個   レモン

Preparation:

レモンの皮をむく。白い部分をむかないように注意しながら黄色い皮だけをむく様にする(白い部分が入ると苦味がでてしまう)。レモンの実はくさび形に皮をむく。レモンの皮、実、アルコールを瓶に入れ、しっかりふたをして風通しのよい暗いところに20日間置いておく。

20日後、1リットルの水と砂糖をなべに入れ、砂糖が溶けるくらい暖める、砂糖が溶けたら火からおろす。砂糖のなべの中にレモンの皮と実を取り除いたアルコールを入れて、数回かき混ぜる。それをすばやく清潔な瓶に入れる。(すばやくすることでアルコールが蒸発するのを防ぐ)。これを20日程、風通しのよい暗いところにおいて置いたら出来上がり。密封してある容器に入ったレモンチェロは、冷蔵庫でなら無期限に保存可能。

冷蔵庫で冷たく冷やして飲みます。お好みでロック、炭酸で割ったりしてみてください。

*レシピには20日間レモンをつけ、砂糖と水を加えた後また20日間とありますが、私は30日ずつにしてみました。

     ウオッカ: ポーランド産の96度がおすすめ。

その他、50度くらいの香りが少ないウオッカ、ジンを使う場合、ミネラルウォーターを入れず、砂糖の代わりに氷砂糖を最初から入れ、20日たったら実と皮を取出し、再度20日間くらいつける。
手塚様より

レモンカードレイヤーケーキ

ケーキ材料:
1個    すりおろしたレモン皮
1 tbsp         レモン汁
175g 薄力粉
1 tsp ベーキングパウダー
175g バター(室温)
175g グラニュー糖
3個   


レモンカード材料:
1個    レモン(大)すりおろした皮、汁
75g   グラニュー糖
2個   
50g   無縁バター
 
*直径18cm丸型のケーキ型にバターの塗って、小麦粉をまぶしておく。

*オーブンを170℃に温めておく

すべてのケーキの材料を大きめのボールに入れ、電動ミキサーを使い、スムーズでクリーミーな生地になるまで混ぜる。ケーキ型に流し入れ、オーブンの中段で35分程焼く。

竹串を中心にさし、引き抜いたときに何も付いてこない位を目安に)


ケーキを焼いている間に、レモンカードを作る。

ボールにグラニュー糖とすりおろしたレモンの皮を入れる。別のボールに卵とレモン汁を入れ、軽く混ぜる。これを砂糖の入ったボールに注ぎ、湯せん(沸騰するかしないか位に沸かす)にかける。液が重くなるまでたまに木べらでかき混ぜる。約20分くらいでちょうど良い硬さになったら出来上がり。


ケーキが焼けたら、オーブンから出して30秒待って型からはずし、ラックに乗せてあら熱をとる。3段になるようにケーキを切り、レモンカードを塗る。好みでトップに粉砂糖やカールさせたレモンの皮を乗せてもよい
手塚様より。

レモンジャムやマーマレードのレシピがたくさんアップされているので
いいかなとも思ったのですが、マーマレードが好評だったので、
調子にのってメールしました。手間はかかりますが、おいしくしあがりましたよ。

レモンマーマレード
 レモン1s
 砂糖
1・レモンを、皮・薄皮・実・種に分ける。
 *実のとりだし方は二種類あります。
    A@半分に切って果汁を絞る。
     A残った皮から薄皮を剥ぐ。
    B@くし形に切ってナイフで身の部分を切り取る。
     A薄皮と実を分ける。
     B皮から薄皮をはずす。
       *Bは省略してもいいようです。
2・皮は1〜2_の厚さに刻んですぐ20倍の水にさらす。
3・薄皮は残った果汁を絞ったあと、よく水洗いをする。
 *薄皮を煮てペクチンをとります。
  果汁が残っているとペクチンが流れ出てしまうので
  よく水洗いしてください。
4・3の薄皮を20倍の水でゆでこぼす。
5・4の薄皮を、ひたひたの水でゆでてからこして、ペクチン液を作る。
 *ゆで加減は、指で押してずるっと溶ける程度。
6・種はガーゼに包むか、お茶袋に入れておく。
7・2の皮は一晩か二晩水にさらしてから20倍の水でゆでこぼし、
  やわらかくなるまでゆでる。
 *二晩水にさらすと苦みのないマーマレードができます。お好みで加減してくださ
い。
 *柔らかさもお好みです。
8・砂糖を用意する。
 *砂糖は実の1.1倍、あるいは総重量の60l。
  でも、これもお好みかな。レモンは酸味が強いので、
  少し甘めにした方が味のバランスはいいようです。
9・皮、実、ペクチン液、種を入れて煮始める。
10・少し煮てから、砂糖を三回に分けて入れる。
 *三回に分けるのは、皮が甘みを含むため。
11・とろみがついたら火を止める。
◎この分量で250ccの瓶3つ分になりました。

2日あるいは3日かかりますが、あまり失敗せずにできます。
U様より
もうひとつの画像は鯛のお造り(!)とカルパッチョです。
夏頃に能勢さん送ってもらったものです。
おいしかったなあ。
最近お魚はないん?

綺麗に出来ていますね
腕前もなかなかのもの、私より上手ですね
今なら蛸、イカ、サザエ、舌ヒラメ、さざえ、海老など色々・・
先日は石鯛がいたので、お刺身でいただきました
もちろん皮は湯引きにしてもポン酢にもみじおろしで・・
やはり石鯛が美味しいですね
もちろん天然ですよ


プレゼントでいただいたレモンを使わせていただいております。皆さんのレシピが美味しそうですので少し気後れしてしまいましたが、気を取り直して投稿いたします。

安全なだけでなく、果汁もたっぷりですので初めは湯豆腐のつけだれに使わせていただきました。
簡単ですので、作り方というほどでもないのですが紹介させていただきます

瀬戸田レモン果汁とつゆの元(うどんのつゆの元などなければ醤油)を1:1の割合で合わせて、かつお節を一握り入れます。

その他にレモンドレッシングも作りました。
材料
瀬戸田レモン果汁 50cc
サラダオイル(オリーブオイル) 50cc
酢    25cc
塩、こしょう 少々

作り方は
すべての材料をよく混ぜるだけです。
酢は好みで入れてください、レモンだけでも美味しいと思います。

私はこれを、熱々の茹で上がったジャガイモにかけてホットサラダでいただきました。
美味しかったです。

写真はレモンプリンです。
本当はオーストラリアの料理本に載っていたレモンバターを作りたかったかったのですが、失敗してしまったため途中から豆乳とゼラチンを入れてプリンにしてしまいました。
出来上がってみると、失敗作とは思えない美味しい仕上がりになったので紹介します。

材料 4,5人分
瀬戸田レモン果汁 4個分
卵 3個
砂糖  150g
バター 大さじ1
豆乳 400cc
ゼラチン 15g

作り方
1レモンは絞り種を取り除く、砂糖、卵と混ぜ、泡だて器でよく混ぜる。
2鍋に1と豆乳、バターを入れ沸騰直前までかき混ぜながら加熱する。
3ゼラチンを150cc程度のお湯で溶かし、2に混ぜいれる。
4型にあけて、冷やし固める。

写真では18cm角の型に入れて固めたものを四角く切って出してみました。
もちろんプリン型を使って作ってもいいとおもいます。
豆乳の量を200cc程度増やすか、ゼラチンを10gにすればババロアになります。

牛乳を使うと分離してしまうので豆乳を使いました。無調整の豆乳の場合は沸騰するとやはり分離することがあるので、沸騰させないようにするのがコツです。

どのお料理にもレモンの皮が残ってしまいますが、
皮は薄くそぐようにむいて、千切りにして天日に干し、ハーブティーや、ルイボスティーなどに混ぜて美味しくいただいています。
きれいな緑の皮ですので、乾燥した皮も美しく、味だけでなく見て楽しませていただいております。

本当にありがとうございました。

ばーみさまより
秋鮭のマリネ
材料
鮭切り身 3切れ

セロリ 1本  人参 1/2本   生姜 1  片 葱 1本

酢 1/2カップ
砂糖 大さじ2杯
醤油 大さじ1杯
しまなみレモン 1個
タカの爪 1本

作り方 
セロリ 人参 生姜 葱はせん切りにする。

調味液を作る。
調味料を合わせてせん切り野菜とあわせる。
レモンは半分は汁を絞り 半分は四等分して薄切りにしてあわせる。

鮭の切り身は 骨をとり 塩コショウし小麦粉を付けて油でからりと揚げ調味駅に浸す。
Y.H様より


さて、お待ちかね。レモンを使ったレシピ。って言ってもクッキングというより、
美容にバッチシ!「毒出しジュースの作り方」です。
この「毒出しジュース」とゎ? ↓

★ゆほびか7月号バックナンバーより
下半身デブ・ガス腹・むくみ解消!体脂肪12%減!一日5回快便!
「毒出しジュース」ダイエット
1 世界的デザイナーは42kg減!停滞した便・水・ガスを排出する「毒出しジュース」
2 飲むだけで体内の老廃物を排出し浄化する「毒出しジュース」の作り方・飲み方
3 毒出しジュースを飲んだら超快便になり1カ月で体重7kg、体脂肪は12%も減少
4 毒出しジュースで太もも・ヒップ・ウエストが2cm縮み悩みの下半身がスッキリ
5 飲んだら一日5回も快便!なにをしてもやせない太ももが10日で縮み始め大喜び
6 のたうち回るほど痛むガス腹が解消しむくみも花粉症も楽になり体質改善を実感
7 私も娘も毒出しジュースで腸が動きだして毎日ドサッと出る快便になり体重減少
8 出そうで出ない便やガスがスルリと出て下半身太りのむくみが取れ疲労感も解消


★作り方は簡単!
私が描いたイラストで説明しますね。

@ 容器に、500mlのお湯と乾燥ペパーミント(小さじ1)を入れる
A @にレモン果汁(大さじ2)、しょうが(チューブ状のもので1〜2cm)を入れる。
   飲みやすいようにオリゴ糖を適量入れ、よく混ぜる。
B ペットボトルなどにAを茶こしで入れて出来上がり♪
   (イラストではビンと容器が逆になってしまいました☆)
C 好きな時に好きなだけ飲んでOK!
☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*:;☆;:*☆;:*:;☆;:*:;☆
もうひとつのは出来上がりの画像ね。
乾燥ペパーミントは、ペパーミントティーの茶葉を使ってもOK。
それにしても、やっぱしまなみさんトコのレモンは全然違うわね〜!
皮が肉厚で、香りがサイコ→!!
皮は相変わらずレモン風呂に使ってるけど、精油がタップリ出るんで
乾かして何回も使えるの(笑)
お陰さまで幸せ気分に浸ってま〜〜す♪


中村様より
  
                 プレゼント ほんとうにありがとうございます (*^-^*)
             
嬉しく受け取らせていただきました。 
 
早速 届きましたレモンで レモン果汁たっぷりの「レモンのムース」を作りました。
 今からの季節にぴったりの爽やかなレシピだと思います。
材料)
レモン汁...120cc(約4個分位)たくさん使うんです!、グラニュー糖...130g、生クリーム...300cc、卵白...Mサイズ3個分、粉ゼラチン...大さじ1弱(10g
 作り方
レモン汁とグラニュー糖70gを入れ、ラップをしてレンジで1分、グラニュー糖を溶かします。
別の器に水大さじ3を入れゼラチンを入れ15分ふやかす。
 ↑を電子レンジもしくは湯煎で溶かし、.のレモン汁の器に混ぜておきます。
ボールに生クリームとグラニュー糖20gを入れて、泡だて器で混ぜ、軽く角が立つ位に泡立ててのレモン液を5〜6回に分けて加え、そのつど泡だて器でよくかき混ぜます。
別のボールに卵白を入れて、グラニュー糖40gを少しずつ加えながら泡立ててしっかりしたメレンゲを作ります。
生クリームのボールに、メレンゲをゴムベらで2〜3回に分けて加え混ぜ冷蔵庫で3時間位冷やして固まるのを待ちます。
あと もう一点国産レモンだからできるんです。
香りのよい エスプレッソコーヒーをたてたら レモンの皮をくるくると薄めにむいてカップに入れて いれたてのエスプレッソを注ぎます。 香りがとってもいいんです。

 ご参考になれば 幸いです。
 
..*・° ..:* .。.:*・°.。.*・.。.:*・・°☆.。.:*・°.。.:*・☆.
   Chi-mama
  様より